ネットで通販したものや、展示会・勉強会などで見た・触れたアイテムなどを紹介します。

いーもんさがそ!

食品

菊水堂のできたてポテトチップを食べてみました

投稿日:2012年9月11日 更新日:

先週土曜日、上京して「A8フェスティバル」に参加してきました。
通販関連企業の展示会みたいなもんですが、入場に50分ほどかかりました。づかれだ~。

ま、安定期に入ってるし、会場が新スポットの渋谷ヒカリエだし、

お土産ももらったし、しゃあないかー。

>>できたてポテトチップ


お土産でいただいた「できたてポテトチップ」を紹介します。
その名の通り、できたてのポテトチップの通販です。

厳選された素材を使って、自社工場でポテトチップを揚げ、即日発送するサービスです。
ポテトチップは揚げ菓子だから、できたてが一番おいしいはず。
確かに、揚げ物は1日置いたらそのままでは食べられたモンじゃないですものね。

素材にもこだわっていて、じゃがいもは国産、塩は焼き塩、油は米油とパーム油。
原材料はこの3種類のみで、化学調味料は使っていません。

「できたてポテトチップ」は木曜日の正午までの注文を金曜日に生産し発送します。
早ければ土曜日においしいポテトチップが食べられるって訳です。

実食レポ。まず袋の裏側チェック。

直火炊き連続チップフライヤーが菊水堂のウリらしいですね。
「直火」ってもう響きだけでおいしそうですね。

できたてにこだわっているということで、賞味期間も短めです。

あわわ、早く食べなくちゃ。
保存料も一切使っていないそうなので、賞味期限に注意ですね。

うちの旦那さんはいもフライ系がそれ程好きじゃないみたいなので、ここは私が責任を持って食べねば!

牛乳と組み合わせて、健全な妊婦のおやつです。

ほのかな塩味。なんでも塩分量はポテトチップ業界では少ない0.7%とのこと。
標準の塩分量は知りませんが、濃い塩味に慣らされていた東北人(栃木だけど)にはもの足りないかな?

と、思いつつカミカミもぐもぐしていると、口の中にほわーんと「いも」の風味が。
私はじゃがいもが大好きなので、これははまりそう。

さすがに一人で1袋は食べきれないので、お皿に取った量だけ食べました。
後味がさっぱりしていて、くどくないので決められた量で満足満足。

思えばスナック菓子とかが「後をひく」のって、濃い塩味や化学調味料のなせる業だったのかな・・・と。
ある意味、中毒性のものなのかと考えさせられたりしました。
ポテトチップをもぐもぐ食べながら考えるのもなんですが(笑

あまり濃い味に慣れさせたくない子供のおやつによさそうですね。
小さいうちから濃い味になれちゃうと、素材の味とか分からなくなっちゃいそうですものね。
いや、もちろん塩分を控えたい妊婦のおやつにもよさそうですけど。

「できたてポテトチップ」は145g×3袋、税込900円。送料は500円から。(地域によって異なります)
スーパーで買うポテトチップスと比較すると、どうしても割高になってしまいますね・・・。

でも、小さいお子さんのおやつにこだわりたい人にならオススメできますね。
化学調味料たっぷりのスナック菓子を食べさせたくないと思っている人にピッタリだと思います。
大人が食べても、しみじみおいしいポテトチップだと思うし。

という訳で、厳選素材とできたてにこだわったポテトチップ。
気になる方はこちらのページからどうぞ。

>>できたてポテトチップ



-食品
-,

Copyright© いーもんさがそ! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.